お茶を摘んで文化を学ぶということ

ゴールデンウィークといえば街中では”浜松まつり”ですが、浜松市天竜区ではお茶摘み、お茶刈りが始まりました。

今年で4年目の参加となる丸芝製茶協同組合の全国茶品評会向けお茶摘み。
地域の方や地元大学生と共に新芽を丁寧に摘みました。

今年も参加した丸芝製茶協同組合のお茶摘みですが、一昨年は第69回全国茶品評会にて一等一席の農林水産大臣賞を獲得した名誉あるお茶です。

お茶作りもお茶摘みも日本の文化です。
外国人に紹介できる日本の文化を今後も持続させていきたいですね。

因に丸芝製茶のお茶は丸芝製茶協同組合のHPから購入することが可能です。
丸芝製茶HP

ABOUTこの記事をかいた人

浜松市天竜区在住。民間企業で工業デザイン、青年海外協力隊村落開発普及員としてフィリピン共和国レイテ島町役場勤務、帰国後地域おこし協力隊として浜松市天竜区の地域づくり。現在は都市部から移住者を斡旋する移住コーディネーターとして活躍。