空き家が綺麗になり、そしてカフェになったこと

浜松市天竜区谷山の山中にクラークカフェがオープンしました。
空き家を改装した民家で営業しており、そこを切り盛りする方は磐田市からの移住者です。

クラークカフェは土日祝日のみ営業しております。
理由はオーナーが平日働いているから。

女性1人で調理から配膳、会計まで行っており「休みが無くて大変ですね」とお尋ねしたところ
「好きで行っているので苦になりません」とのこと。

k2

近所の方はカフェがオープンしたことにより、進んで草刈りを手伝ってくれるそうです。
因にクラークカフェのクラークとは店番の犬クラーク(名前)です。

k3

空き家が活用されれば景観が良くなり、地域が明るくなります。
このような取組みが今後も増えれば嬉しいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

浜松市天竜区在住。民間企業で工業デザイン、青年海外協力隊村落開発普及員としてフィリピン共和国レイテ島町役場勤務、帰国後地域おこし協力隊として浜松市天竜区の地域づくり。現在は都市部から移住者を斡旋する移住コーディネーターとして活躍。