【コラム3】田舎での若者の関わり(1)

【である口調】

浜松市天竜区二俣町二俣にクローバー通り商店街がある。クローバー通り商店街は昔から続く商店街であり、今も何軒か飲み屋が残っている。

夜は街灯が点灯し、住民の足となるバスも夜10時過ぎまで走る。しかし人口減少、高齢化に伴い店が激減し、商店から住宅に立て替える家も増え始めた。
商店街の家主も高齢化となり、クローバー通り商店街の今後を話合うようになった。

商店会役員だけでは未来に繋がる新しい意見が出にくいため、若者住民意見の代表として、私はクローバー通り商店会役員会へオブザーバーとして参加するようになった。先ほど述べた通り、昼間からシャッターが閉まっている店も少なく無い。

商店会役員のみで、商店街の未来、地域の未来を考えることは大変難しく、そのため商店会メンバー38軒からアンケートを取ることとなった。

アンケート内容はいくつかあるが、方向性として「今後クローバー通り商店街をどのようにしていきたいか?」とのアンケートであった。

アンケート結果をここで記載しないが、若者が未来を考えて地域づくりを行うことになりそうだ。都市部から移住する方で「街づくり」に関わったことが無い方でも、生活する上で、私達の地域が今後どのような街になるべきか、考え、話合う機会が田舎では多い。公助でなく共助。自分達で考え、話し合い、時には行政の力も借りて作り上げることが多い。

他所の街を見た若者移住者の意見は、今後の街づくりにおいて貴重な存在であり、会議に参加される方も多い。田舎暮らしでゆっくり出来ると思いきや、忙しくなる方も多いのが現実である。

つちだ
偉そうに〜である口調にしましたが、何だか暗い雰囲気になりますね。ぜんぜんワクワクしませんし、どちからというと不安になります。なので、です。ます。口調へ修正しました。下記のとおりです。

【です。ます。口調】

浜松市天竜区二俣町二俣にクローバー通り商店街が残ってます。クローバー通り商店街は昔から続く商店街で、今も何軒か飲み屋が残っています。

夜は街灯が点灯して、住民の足となるバスも夜10時過ぎまで走っています。しかし人口減少、高齢化に伴い店が激減して、商店から住宅に立て替える家も増え始めました。
商店街の家主も高齢化となり、クローバー通り商店街の今後を話合うようになりました。

商店会役員だけでは未来に繋がる新しい意見が出にくいため、若者住民意見の代表として、私はクローバー通り商店会役員会へオブザーバーとして参加するようになりました。先ほど述べた通り、昼間からシャッターが閉まっている店も少なくありません。

商店会役員のみで、商店街の未来、地域の未来を考えることは大変難しいため、商店会メンバー38軒からアンケートを取ることになりました。

アンケート内容はいくつかありますが、方向性として「今後クローバー通り商店街をどのようにしていきたいか?」とのアンケートでした。

アンケート結果をここで記載しませんが、若者が未来を考えて地域づくりを行うことになりそうです。都市部から移住する方で「街づくり」に関わったことが無い方でも、生活する上で、私達の地域が今後どのような街になるべきか、考え、話合う機会が田舎では多いと思います。公助でなく共助です。自分達で考え、話し合い、時には行政の力も借りて作り上げることが多いと思います。

他所の街を見た若者移住者の意見は、今後の街づくりにおいて貴重な存在であり、会議に参加される方も多いです。田舎暮らしでゆっくり出来ると思いきや、忙しくなる方も多いのが現実ですね。

つちだ
やっぱりこっちの方がいいなぁ。

ABOUTこの記事をかいた人

民間企業で工業デザインを行なったのち、青年海外協力隊村落開発普及員としてフィリピン共和国レイテ島町役場で街づくりを行なう。 帰国後、地域おこし協力隊として浜松市天竜区で活動。都市部から移住者を斡旋する移住コーディネーターとしても天竜区で活動した。