【コラム5】どのように移住するのか?

浜松市の田舎へ移住する際に「仕事」と「住まい」は重要ポイントです。
仕事が無ければ移住先で収入が無く、住まいが無ければ引っ越しできません。

今回はこれら2つの問題について、私なりに解説します。

仕事について

移住相談窓口では年間100件以上移住相談を受けます。その中で仕事について相談を受けることが多いのですが、仕事は大きく分けて3パターンに分かれます。

(1)手に職を持ち、自宅で仕事が可能である。
例:作家、陶芸家、プログラマー、経営コンサルタント

(2)浜松市内の会社へ就職(転職)する。

(3)農業、林業、茶業を行なう。

まず(1)の手に職を持っている方は、殆どおりません。例外の事例と考えて頂ければと思います。時々手に職を持ち、どこでも生活できる移住希望者の方が見えますが、このサイトを見て移住を考えている方は、(2)や(3)の方が殆どだと思います。そのため(1)については記載しません。

(2)の浜松市内の会社へ就職(転職)する。ですが、他市に比べ浜松市は大企業や大企業の関連会社が多く、就職先は他市に比べ多いと感じます。事実仕事を得るために浜松市へ移住を考える方も多いです。ではどのように仕事を探せばよいか?ですが、私は下記の3パターンが良いと思います。

①ハローワーク(公共職業安定所) https://www.hellowork.go.jp

つちだ
とにかく掲載件数が多く、新しい仕事にチャレンジ(転職)したい方はオススメです。しかし会社情報が少ない点や、キャリアアップには中々繋がらないかもしれません。

②転職サイト http://www.rikunabi.com https://www.shigoto-hamamatsu.com/

つちだ
高収入の条件や大手企業の情報が掲載されており、会社情報も豊富です。キャリアアップも目指せるかもしれませんが、そもそも採用されるか分かりません。また、自分に適している会社なのか、少し迷うときがあります。JOBはま!は浜松市が運営してますが、まだまだ掲載数が少ないと思います。

③浜松商工会議所 https://www.hamamatsu-cci.or.jp/news/show/961

つちだ
実は浜松商工会議所の人材支援室では就職希望者と浜松市内の企業とでマッチングを行なっています。浜松の会社を知るプロが、移住希望者の要望と能力にあった会社を見つけてくれます。とても助かりますが、本気で浜松に就職したい方でなければオススメしません。多くの方の協力でマッチングしますので、内定辞退や「やっぱり他の市に行くよ〜」となると、多くの方にご迷惑をかけます。しかし本気で浜松で就職したい方はオススメです。

(3)農業、林業、茶業を行なう。ですが、親が農家でなければ、新規就農は中々難しく、まずは地域の方と親しくなり、畑を借りるところから初めてはどうでしょうか。また、有機農法、無農薬農法を希望される新規就農者希望者が多いと感じます。農薬を使う方も多いので、地域の方、JAの方、新規就農希望の方、どこかの団体に片寄らずお仕事をすることが大切です。この点については、また後ほど記載します。

住まいについて

次に住まいについてですが、実は仕事が決まると住まいの条件もある程度決まってきます。
移住相談を受ける際「通勤時間は1時間以内を希望します」という移住希望者が多いと感じます。そこで田舎暮らし(山で住む場合)をした際に、通勤時間はどれほどかかるか記載します。
こちらに大きな浜松市MAPをアップロードしましたので、PDFファイルで保存して印刷して下さい。

①は天竜区役所になります。天竜区役所は天竜区の南部に位置し、田舎(中山間地域)の入り口だと思って下さい。天竜区役所から県道9号線を使い西へ30分車で走らせますと、天竜区熊に辿り着き、同じく天竜区役所から国道152号線を北へ30分ほど北上しますと龍山の瀬尻に辿り着きます。また362号線を東へ30分進と春野宮口へ辿りつきます。
浜北区近辺の会社を選択し、天竜区に住み、通勤時間を1時間以内と定めた場合、希望地域が定ってくるのではないでしょうか?

つちだ
住まいを選ぶ際は職場の距離から・・・という方の参考になれば幸いです。

田舎にアパートは無い

住まいについてですが、街中ではマンションやアパート、一軒家を借りて引っ越しされる方が多いと思います。しかし田舎(中山間地域)はアパートやマンションはありません。移住する際は空き家を見つけて借りる。または購入して移住することになります。いきなりハードルが高くなったと思いますが、空き家は沢山あるのですが、借りれる空き家は多くありません。事実浜松市が把握している空き家の数は多くありません。ではどのように空き家を探せば良いのでしょうか?

①田舎暮らし専門の不動産会社から探す。 http://www.romando.ne.jp/

つちだ
浜松市田舎物件取扱不動産サイトでは、最も情報量が多いと思います。田舎暮らしで大切なことは地域とのお付き合いです。不動産が所在する地域はどのようのお付き合いがあり、どのような特色があるのか?事前に何度も足を運び地域の方と親しくなってから購入した方が良いと思います。

②自力て探す。

つちだ
自力で探した方も沢山おります。そのような方は田舎で人が集まりそうなカフェや飲食店に出向き、3〜4回目でお店の方へ移住の希望を伝え、空き家情報を仕入れたり(1〜2回目で聞くと失礼だと思われる)地域で開催されるイベントに足を運び、地域の方と親しくなり空き家を探しました。

③浜松田舎暮らし事務局(移住コーディネーターに相談する)

つちだ
不動産屋さんと異なり時間が掛かってしまいます。住まいから探す・・・ではなく、長く田舎に住む事になるため、住みたい地域から探し、ある程度地域が決まりましたら、地域内の空き家を探すところから始めます。自治会への紹介や移住推進団体への紹介など、人と人を繫げるサポートを行ないます。

ABOUTこの記事をかいた人

民間企業で工業デザインを行なったのち、青年海外協力隊村落開発普及員としてフィリピン共和国レイテ島町役場で街づくりを行なう。 帰国後、地域おこし協力隊として浜松市天竜区で活動。都市部から移住者を斡旋する移住コーディネーターとしても天竜区で活動した。