そもそも浜松DAYってなに?

そもそも浜松DAYってなに?

去年の11月から「浜松DAY」として、ふるさと回帰支援センター内の静岡県移住相談センター窓口にて移住相談を行なっています。11月以前から東京や西日本(名古屋、大阪)に移住相談へ行く機会はありましたが、定期的に毎月同じ窓口で業務を行なうことはありませんでした。静岡県移住相談センターの窓口で、毎月移住相談業務を行い感じた事がいくつかあります。東京在住の移住希望者から見た静岡県や浜松市のイメージは、想像していた以上に異なりました。

まず、東京在住の移住希望者が持つ静岡県のイメージは「熱海・伊豆」「富士山」「西の方に色々と市や町がある」です。浜松は政令都市なので「名前は知っている」程度であり「新幹線のぞみが通過する場所」と理解している方が多いと感じます。移住希望者に対して、訪れた事のない県や市をどのように説明するか?他県他市とどのように分かりやすく比較するか?移住相談を受ける上で、この事に重視します。まず移住を考えたキッカケをお聞きします。転職するためなのか?自然環境の良い場所で暮らしたいためのか?引っ越しのついでに環境の良い場所を希望しているのか?など、話しが脱線しないように、移住を考えた目的をお聞きし、要望にあった環境を静岡県から紹介します。なぜ静岡県から紹介するかというと、東京在住の方は長野県や山梨県、静岡県を移住希望地域とする光景があり、移住希望者が望む条件が他県とどのように異なるか説明します。

次に静岡県内での比較ですが、静岡県は大きく分けて東部、中部、西部に分けられ、移住希望者が望む環境によってそれぞれ説明します。例えば車の免許を持っているか?アパートが良いのか一軒家が良いのか?山が良いのか海が良いのか?などです。私は浜松市の移住コーディネーターなので、浜松市に来て頂けるよう説明しますが、良い点も悪い点も説明します。

移住後「こんな地域とは思っていなかった。帰りたい。」とならないように、負担になりそうな点や疑問に思う点を説明します。その中で中山間地域の事を説明しますが、移住希望者が持つ浜松市のイメージは「うなぎ」「浜名湖」「政令市」「ヤマハやスズキ」「地方都市」のイメージが強く、山や川、自然環境が良い地域があるとは知りません。それを説明しつつ、地理的な条件や公共交通機関の案内、キーマンとなる組織や人の案内を移住希望者の雰囲気から説明します。

相手のお話を聞きつつ、こちらの説明を行ないますと、少なくても1時間ほどの説明になります。しかし窓口で得られる説明は画像やパンフレット、口頭の説明でしかありません。次のステップへ進めるように、次に何を行なえば良いか案内しつつ移住相談を行ないます。移住希望者は多くの市・町を見ており、実際移住するまで相談日から1年以上かかるときもあります。

ABOUTこの記事をかいた人

民間企業で工業デザインを行なったのち、青年海外協力隊村落開発普及員としてフィリピン共和国レイテ島町役場で街づくりを行なう。 帰国後、地域おこし協力隊として浜松市天竜区で活動。都市部から移住者を斡旋する移住コーディネーターとしても天竜区で活動した。