浜松の未来を考える

浜松市主催の「行政区再編に関する意見を聞く会」に参加しました。天竜区内の自治会長が参加したため、多くの方が天竜区役所に集まりました。
 天竜区は他区と比べ、総面積や地理的条件、そこで暮らす人々と紐づいた文化や歴史など”特殊性”が強いと日々の生活で感じます。
 私は少しばかり、地域の方とお話する機会が多いのですが、区再編を心配される方が多いことは事実です。(原因は平成17年の合併の件もあると思います)
 以前新聞にも寄稿しましたが、天竜区の宝は自然や歴史、文化でもありますが、それと共に地域を築いてきた方々(人)です。
 そのため天竜区を単独で残して欲しいと、昨日の「行政区再編に関する意見を聞く会」で自治会連合会会長が述べてましたが、私もこの意見に賛成です。

いまいちど、多くの方に考てもらいたい課題です。

【天竜区の人々】
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/tn-shinko/ward/tenryuku/inaka/lifestyle.html

つちだ
 じつは・・・多くの方から不安の声を聞きます。平成17年の合併時、旧浜北市は浜北区として残すことを条件とした住民の思いや、伝統、文化、歴史が非常に濃い中山間地域を含む北区や天竜区は合併せず残した方が良いとの声を聞きます。合併時、最も大切なことは地域の方が住みやすく、暮らしやすい浜松市にすることです。経費が削減されたとしても、地域の方が暮らしにくい浜松市になっては意味がありません。5区案が良いと思うのですが、どんなもんでしょうか。。。

ABOUTこの記事をかいた人

民間企業で工業デザインを行なったのち、青年海外協力隊村落開発普及員としてフィリピン共和国レイテ島町役場で街づくりを行なう。 帰国後、地域おこし協力隊として浜松市天竜区で活動。都市部から移住者を斡旋する移住コーディネーターとしても天竜区で活動した。