国際協力

2010年10月〜2013年4月まで独立行政法人国際協力機構が行う青年海外協力隊村落開発普及員としてフィリピン共和国で活動していました。

誰からの指示で、どこで活動していたの?


青年海外協力隊は相手国政府からの要請内容によって活動します。私はフィリピン国政府からの要請で、受入省庁は国家経済開発庁・ボランティア調整局、配属先はレイテ島タナウアン町町役場農業事務所でした。

どんな仕事をしたの?


上の画像を見ますと、要請概要欄に「期待される具体的業務内容」と記載されております。そこには下記の通り記載されています。

1、残り3村の漁民を巡回訪問し、インタビューやアンケートをとおして生活実態調査を行なう。
2、調査結果から漁民の要望・漁民の技術レベル、生活状況を考慮し、漁民の要望に沿った漁民が
参加しやすい収入向上プログラムを立案する。
3、プログラムの目標と計画に合ったトレーニングやワークショップを実施し、漁民の参加意欲向上
及び技術レベル向上に協力する。
4、プログラム参加漁民の組織化(組合化)に協力する。

非常に難しく記載されておりますが、実際農業事務所の所長に確認したところ・・・

所長
とにかく住んでいる漁民の収入が低いから、何か考えて(企画して)収入を向上させてくれ!!

・・・とのことでした。(とてもざっくり)

しかし活動当初、とても難しい問題がありました。それは言葉が通じないこと。フィリピン共和国(以下フィリピン)の公用語はタガログ語と英語ですが、フィリピンは島国のため、島ごとに言葉が異なり、80以上の言葉が存在するといわれています。
私が配属されたレイテ島タナウアン町はビサヤ語方言のワライワライ語を使い仕事をしていました。
ワライワライ語を覚えてレイテ島に配属されたわけでなく、約半年間かけワライワライ語を習得しました。2年半ホームステイをしていましたが、ホームステイ先に帰ってもワライワライ語、職場(役場)でもワライワライ語、買物でもワライワライ語、夢の中でもワライワライ語、そのような生活であったため約半年間で不自由無く仕事で使えるようになりました。

始めの半年〜1年間

始めの1年間、農業事務所所属の外国人は私1人でなくアメリカ平和部隊(Peace Corps)の方と共に働きました。アメリカ平和部隊のバートは頭が良く、他の外国人と比べて落ち着いており、簡単な英語で的確に相手に伝える力を持っていました。そのため英文レターでは色々とお世話になりました。

 

原因をつきとめ、居なくなった魚を海に呼び戻す

漁民の収入低下は漁獲高に影響してました。昔から比べると、漁獲高が減り続けているのです。バートと調べたところ、魚の乱獲や違法漁業(主にダイナマイトを使った漁業)が流行していました。ダイナマイトを使うと沢山の魚を簡単に捕まえられますが、稚魚や卵、さらには魚の家となる珊瑚も破壊してしまい魚が住みにくい海になっていたのです。そのため魚の保護区を作り、海へ魚礁を沢山沈め、魚が安心して暮らせる海作りを行ないました。


いなくなってしまった魚を海に戻すため漁礁を作ります。上の写真は漁礁を固定するためのブロック作り(セメントでブロック作り)です。


山から竹を切り出して来ます。漁民の子供も手伝ってくれました。
(本当は学校行ってほしいけど・・・)


竹を三角に組み合わせます。その後、竹の中に木の枝や葉っぱなど魚が隠れる場所作りを行います。


↑このような三角形の竹枠に枝や葉っぱを沢山詰め込みました。(これはまだ少ない写真)そして同じものを20〜30セット作り、海に沈めました。750m×1000mを魚の保護区として指定し、タナウアン町役場指導の下、魚の保護区が完成しました。
 

漁業以外で収益を上げるため、魚の養殖場を作る

フィリピンに来て、半年間は文化と語学を勉強し、半年〜1年で魚の保護区を作りました。しかし、保護区を作ったとしても、魚が海に再び戻り、戻った魚が卵を産み、大きくなるまで何年も掛かってしまいます。そのため2年目以降は漁業以外で収益を上げる”仕組み作り”が必要でした。

つちだ
大切なことは「上から目線でやらせること」ではありません。漁民が自主的にやりたい事、得意な事、成功率が高そうなことを聞き出し、サポートすることです。やりたい事をサポートし、もし事業が達成できれば、大きな満足感が漁民に得られます。「俺たちでもやればできるんだ!」などの自信が生まれ、事業は長続きします。そのため何度も打ち合わせを行い、時には飲み会を開き、彼らのやりたい事を聞き出しました。
 

漁業知識のある方に来てもらう

まずは集会所で打ち合わせを行います。私は漁業の知識が無かったため、レイテ州の漁業局の担当者、レイテ島タナウアン町役場農業事務所の担当者、漁民の方々と打ち合わせを行いました。どこに養殖場を作るのか?何の魚がよいのか?工事方法はどうするのか?予算はどうすのか?など毎週打ち合わせを行いました。私は調整役。わからない事があったら、分かる人を呼び教えてもらいます。